女性医師の子育て事情

女性医師の育児との両立

女性医師の育児の両立の仕方

医師というと男性というイメージですが、最近では多くの女性医師も活躍しています。ただ女性の先生の場合は結婚して出産をするといままで通りの仕事のやり方というわけにはいかないケースがあります。育児との両立はとても大変ですが、非常勤で働く場合もありますし、総合病院などの場合、午前中のみの診療にかかわるなど、時間を上手に選びながら仕事をしているケースもあります。さらに子供が小さいうちはアルバイトやパートとして病院で働くケースもあります。そしてある程度育児が落ち着いてから、常勤で仕事をしている人は多いです。

女性にとっての医療とは

医師という職業は、非常に評価の高い国家資格を必要とするもので求人も多く、働く女性にとってメリットのある職種ということができます。また、妊娠、出産で現在の職場での仕事がやりにくくなった場合でも、転職をしたり一時的に仕事を休むことなども他の仕事に比べてやりやすいという利点もあります。さらに、産婦人科などでは、担当の医師は女医さんが良いという患者さんも多いので、そのような人達の希望に応えて、女医の特長を活かした、優しくて同性として細かい点にまで気を使えるという治療態度を見せられるということも、メリットと言えるでしょう。

↑PAGE TOP