女性医師とパワハラ

医師にとっての気配りとは

医師による現場のパワハラ対策

医師の仕事は人の命を扱うため、多くのストレスを伴います。手術においては時間との戦いであったり、僅かな判断の誤りが大きなミスを引き起こす場合があります。そのため、同僚や部下たちとの連携の間で、口調が強くなったり、あるいは声を荒げる機会もあることでしょう。注意をしておかなければパワハラととられてしまう可能性もあります。とくに女性は乱暴な言葉や態度に敏感ですので注意が必要です。医師の気配りはそのまま相対する患者にも影響してきますので、冷静な判断が必要といえるでしょう。頭に血がのぼった際の対処法を事前に持っておく必要があります。

女医が喜ばれる科とは

女性の医師は徐々に増えているものの、相変わらず男性の多い仕事でもあります。外科等長時間の手術を行う科では体力等の面で不利と言われる事もありましたが、女医ならではの細やかさが評価され活躍する女医も出てきています。そのような状況でも婦人科等では男性医師よりも女医さんの方が喜ばれる事が多いです。異性よりも同性の方がデリケートな話は話しやすかったり、診察にも抵抗が少ないからです。小児科でも女医の優しい雰囲気が心を開きやすく子供に喜ばれる事も多いです。まだまだ男女平等とは言えない職業ですが、女医が活躍する場も大いにある仕事と言えます。

↑PAGE TOP