婦人科で働く女性医師

女性医師の働き方について

女性医師が求められる婦人科

診療科目ごとに医師の男女比は違うことが多いです。男性が占めている割合が多い診療科としては、外科や救急科などが挙げられます。特に整形外科では、8割以上が男性で占められています。逆に女性が多く占めている診療科としては、内科や皮膚科、眼科、小児科などが有名です。特に女の患者さんを診ることが中心になる婦人科では、男性医師よりも同じ同性に診察してもらいたいと考える患者さんが多いです。診察する部分や相談内容がデリケートなものが多いのが理由になっています。

婦人科医師に受診するには

女性はホルモンのバランスが乱れやすく、生理不順や更年期障害など一生のうちに何度か婦人科医師を訪ねることがあります。近年では子宮ガン検診や乳がん検診を行う人も増えてきており、需要が高まっている科でもあります。こういったデリケートな悩みを医師に相談する場合、自分の症状を話すだけでなく体を診てもらう必要があるので抵抗を感じることがありますが、近年ではきちんと看護師やスタッフが同室しており共に話をきくシステムがつくられています。自分の症状を伝えることが必要であるので、相談をしっかりと行うようにします。

↑PAGE TOP