女性医師はどれくらい

女性医師の働き方について

女性の割合が増える医師

女性の社会進出は医療の分野にも着実に広がっており、それは医師の数にも表れ始めています。従来までは男性の割合が圧倒的に多かったですが、医学部の門扉が広がったことや、医療機関の人材不足解消の一環などが背景にあります。女医は男性医師にはない能力や特徴があり、需要も高まっています。そのため、今後も増えていくことが予想されており、女医の活躍がますます期待されています。それによって、医療の分野はより盛り上がっていくことでしょう。

女性医師の割合は増加傾向

近年女性医師の割合は増加傾向にあり、特に若年層が増えてきていて、医学部の入学でも3分の1となっています。すべての診療科目において増加しているのではなく、小児科や産婦人科が増えています。なぜ近年このような傾向になっているのかというと、医師という仕事は一生続けることができるし、社会的にも信用があるということで人気になっているからです。この仕事についていれば食いっぱぐれがないということで、地方では増えています。

↑PAGE TOP