女性医師が活躍中

女性医師の働き方について

女性医師の需要について

少し前までは男性優位の社会だった日本ですが、国の働きかけや国民の意識改革が進んだことで、女子が活躍できる環境が少しずつ整ってきました。女子の社会進出に伴って心配されるのが、婦人病をはじめとした女子特有の疾患の増加です。日本の医師の割合は男性が圧倒的に多いため、「体の悩みを異性に打ち明けるのは恥ずかしい」と、受診をためらう女性が少なくありません。病気の予防や早期発見は、国民の健康寿命や生活の質を保つのに重要です。日本では女子の健康のための環境整備が求められており、女医師の育成は喫緊の課題です。

女性医師が活躍している診療科目

女性医師は、様々な診療科目で活躍しています。そして、数ある診療科目の中でも、産婦人科や小児科は特に人気が高いとされています。ただ、この2つの診療科目は激務が多く、結婚や妊娠を機に辞めてしまう女医も少なくありません。その為、激務が少ない眼科や皮膚科といった診療科目も、人気を集めています。また、最近の若い医師が特に多いのは歯科です。実際に29歳以下の女医の割合を調べてみると、およそ40%を占めており、圧倒的と言えるでしょう。

↑PAGE TOP